息子とDIY!

息子とDIY!子育ての悩み
スポンサーリンク

 

最近靴が増え、外遊び用のおもちゃが増え、玄関がぐしゃぐしゃに…。

今までは下駄箱に全て収まっていた靴やおもちゃが収まり切らなくなり、いつも大量に靴が出ている状態で。

 

何とかしたいけれど、処分する靴はもうないし、おもちゃはまだ使うと言っているし、実際つかっているし…。

 

ガーデニング用の小さな棚を置いてみましたが、圧迫感じがあり、狭くなるし、玄関には合わない。

 

そこで、息子と細長い棚をDIY することにしました!
一緒に長さを測って、ホームセンターへ!

 

色は決まっていて、手にとった木材がなんとほぼ、寸法通り!
棚の足になる部分は、カットしてもらう事に。

カットしてもらうのが有料だったので、自分の鋸で頑張ってみるか考えていたら、アプリをとると、カットが無料になるクーポンがつかえると張り紙が!!!

早速アプリをとって、木材をカットして頂きました。

 

材料も揃ったので、お家に帰って、電動ドライバー?を使い足を付けたら大きさも色もピッタリ!
子供と、いーね!これ、椅子にもなるね!なんて話ながら玄関に置いて、おもちゃを置いてみました。

 

靴は全て下駄箱にしまえましたが、せっかく作った棚の上のおもちゃの統一感がなく、何かゴチャゴチャ…。

息子も『何かゴチャゴチャ…。ここは男前インテリアだからなー』と、言っていました。
男前インテリアは息子がお気に入りで、リビングと玄関を男前インテリアにしています。

何かよい収納ほうほうがないかな…

トイレトレーニングの道のり
トイレトレーニングは、避けて通れない子育ての難関です。 「こどもの発達には各々差があるから、おむつの卒業はのんびりでも大丈夫」という風潮があるとはいえ、我が子と同じくらいの月齢の子どもが、おむつ外れを完了しているのを見ると焦りがでてき...
心の余裕は笑顔を見せる。
息子が3歳になった時、息子に対する躾を厳しくしました。 ダメな事はダメ。 ダメな事をした時はちゃんと叱る。 お片づけが出来た時、ご飯をきちんと食べた時など何かがちゃんと出来た時にはしっかり褒める。 そういう子育てをし...