新聞ビリビリでストレス解消

新聞ビリビリでストレス解消 子育ての悩み
スポンサーリンク

毎日雨が続いたり、外の気温が高くて外出できないときは家の中で子どもと遊ぶことが多くなります。

 

最初はビデオを見たり、お絵描きしたりと私も子どもも飽きずに遊んでいられるのですが、だんだんとすることがなくなってきて親の方も子どもの方もストレスがたまって、イライラしてきます。

 

「そうだ、ママとクッキー焼こうか」と言うとご機嫌がなおり2人で型抜きをして楽しい時間が過ごせます。

 

甘いクッキーを食べるとおいしいね〜と気分が良くなっていきます。

しかし、毎日クッキー作りも飽きてきて「もう無理、限界だ」と思ったとき、新聞ビリビリが始まります。

子供と遊ぶ砂場遊びが楽しい
最近子供と遊んでいて楽しいと思うのは、公園での砂場遊びです。 小さい時あまり外遊びをする機会がなく、そんなに砂場遊びをさせたことがありませんでした。 学校に行くようになって、近所の友達と一緒に遊ぶようになってから積極的に...

子どもと2人でたまっている新聞をビリビリ〜っと手で破き始めます。

子どももビリビリ〜、私もビリビリ〜、2人とも声に出してビリビリ〜と叫びます。

 

また新聞紙の破れる音が気持ちが良くて、子どもと2人でキャッキャ、キャッキャと破き、部屋の中は新聞だらけになります。

 

ビリビリに破いた新聞紙を集めてブァーっと大きくふりまくと子どもは大喜び。

検索すると不思議なことに新聞紙の破れる音は子どもの好きな音だそうです。

 

ある程度、新聞ビリビリでストレス解消した後はお片づけの時間です。

 

大きなゴミ袋を2人で持って、散らかった新聞紙をお片づけの歌を歌いながら拾っていきます。

あー、楽しかったねーと2人でゆっくりお茶をのみます。

 

親も子もストレスをためるとしんどくなります。

時々、新聞ビリビリでストレス発散するとお金もかからないし、スッキリします。

 

「今はダメ」から「ここまで待てばできるよ」に変えてみました
子供が2歳、3歳にさしかかった頃、来るよと言われているイヤイヤ期。 だんだん自我が芽生え始め、なおかつ言葉のボキャブラリーも獲得し始めるこの時期、子供たちも、つたないながらも自分なりの言葉を使い自己主張を始めます。 我が...
タイトルとURLをコピーしました