35歳を過ぎたら年齢に合った肌ケアはとても大切。

シェアする

年齢に合った肌ケアはとても大切。

35歳を過ぎた頃から肌の乾燥が気になるようになりましたが、それまでと変わりないケアをしていました。

メイク用品も20代の頃と変わらない化粧品を使い続けており今思えば無頓着だったと思います。

ある日飲み会の帰り電車の窓ガラスに映った自分の顔を見て愕然としました。

酷いオバサン顔に酔いも醒めるほどのショックを受け「このままではいけない」と心を入れ替えました。

まず始めたのは保湿です。

毎日シートパックをする事にしました。

それによって3か月で肌の慢性的な乾燥が大分緩和されました。

パックの後はカタツムリクリームを塗りました。

40代になった現在もシートパックは欠かさず続けています。

カタツムリクリームはオリジナルからインテンシブへ変えました。

肌ケアでそれまでと大きく変わったのは最大の悩みであるシミケアです。

普段よく利用している通販サイトの「シミに塗るとかさぶたになって剥がれる」という口コミに惹かれてメコゾームブライトニングフォーミュラを使ってみる事にしました。

塗り始めて2~3日するとヒリヒリして赤くなりました。

シミに反応している証拠だそうなので経過を見守っていると数日後、数か所塗った一部の表面がカサカサしてきて脱皮しました。

しかし、薄皮が剥けただけでシミの濃さは変わりません。

それだけならまだしも、あまり濃くなかったシミが濃くなってしまいました。

他のサイトの口コミを調べると同じような事をアップしている方がいました。

安易に塗ってしまった事を猛省しつつ次の手段を模索中です。

スポンサーリンク









シェアする

フォローする

スポンサーリンク