保湿のためにお金をかけずにコットンパック

シェアする

肌の潤いを保つために、毎日コットンパックをしています。

これまで、さまざまな美容液やクリームを試しましたが、やはり保湿の基本は「化粧水」だと思います。

よく言われていることですが、高い化粧水をけちけち使用するよりも、安い化粧水をたくさん使用したほうが、お肌はしっとりします。

市販の保湿パックも使用していますが、高価だったり、意外と面倒だったりします。

その点、気軽に続けやすいのがコットンパックです。

必要なものは、市販のコットンと、肌に合う化粧水、これだけです。

化粧水は刺激があまり強くないものをおすすめします。

コットンは、裂いて使うので、フチに縫い目のないものがよいです。

まずはコットンを数枚重ねて、水で濡らします。

コットンの大きさにもよりますが、3枚から五枚くらいです。

わたしは大判のコットンを3枚使用しています。

そして、濡らしたコットンに化粧水をたっぷりしみこませます。

これで自作のコットンパックが完成。

あとは、コットンを裂いて、顔にのせていくだけ。

三分ほど放置します。

簡単でお手軽なコットンパックですが、これだけでかなりお肌がしっとりします。

あとはしっとりしたお肌の潤いが逃げないよう、クリームでふたをするだけ。

毎日続けるとお肌がしっとりして、トラブル知らずになります。

スポンサーリンク









シェアする

フォローする

スポンサーリンク