綺麗な肌を保つには!綺麗な肌を表現・作るためにしてること

綺麗な肌を保つには!綺麗な肌を表現・作るためにしてることメイク・美容
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

綺麗な肌にする方法として栄養管理を気を付ける

女性はお肌をより綺麗に見せたいと思います。

しかし化粧品で綺麗になろうと思っていてもなかなか高くて買うことが難しいです。

 

肌のニキビが気になっていて少し高めの化粧品を使っていました。

そこまで高級品というわけではなかったのですが、あまり効果がなかったです。

 

そしてお風呂上りにつけているところを親に見られると文句を言われたりして余計にストレスになってしまい、ケンカの元になってしまいました。

 

親にも色々言われない方法は何かないかなと思っていたところ、調べてみるとい1番いいのは食事だという情報がネットに載っていました。

 

そういえば野菜が嫌いで魚や肉に偏ってしまいがちだなと思っていました。

野菜は嫌いだったのですが自分の為だと思い親にサラダを買ってきてほしいとお願いしました。

 

そこから自分から進んで生野菜も食べられるようになっていき、野菜不足を解消していきました。

野菜を食べるようになってから、口の周りによくできていたニキビができにくくなってきました。

綺麗な肌の為のおすすめファンデ

化粧(ファンデーション)をするときに化粧ノリがいつも油っぽくて化粧がやりにくいなと思っていたのが、健康管理や栄養管理をすることで少なくなってきて顔の油が少なくなってきて、化粧ノリが良くなってきました。

 

肌の土台が栄養管理によって健康を取り戻すと自分でも楽しくなるくらいに化粧が調子よくて嬉しいです。

 

個人的にはREVLON(レブロン) 24時間くずれないファンデ‎というのをしようしていまして崩れにくさではかなり王道ファンデです。

 

リキッドですがクリームに近いとろっとした感じで、乾いてフィットすると汗かいてもこすってもなかなか落ちないところがおすすめポイントですね。

 

値段も2千円くらいでお手軽でコストパフォーマンス十分で満足してます。

 

綺麗な肌にする方法まとめ

これまでいろいろ綺麗な肌になるべく努力をしてきましたが、結局は健康であることにつくることだと思いました。

 

残念ながら女性は普通に生活しているだけで過度のストレスがかかります。

 

それにより健康面から綺麗な肌を害しているようでいくら頑張ってファンデーションなどの化粧をしても土台が荒れていれば化粧ののりが良くないので無理やり作ってる感じがします。

 

とはいえ現実論として運動とかが気軽にできればいいのですがなかなか難しいので比較的簡単な栄養管理を楽しみながら綺麗な肌を取り戻してみませんか。