30代に突入してからシミケア対策

30代に突入してからシミケア対策メイク・美容
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

シミケア対策は大事です

若い頃は、シミなどを全く気にしていなかったので日焼け止めも塗らず、川や海、プールなどのレジャー遊びをしていました。

 

真夏の暑い日も日傘などさしたこともなく、もともと日焼けしやしすい体質なこともあり、7月にはすでに真っ黒になっていました。

 

そんな10代、20代を経て30代になった時に、ふと気づいたのです。

 

あれ?なんだこれはと。

 

そう、頬には大量のシミができていたのです。

 

年齢的なこともあるのか、これまで日焼け止めなどのUV対策を怠っていたツケが30代に入り、突如襲ってきました、

両頬の頬骨あたりに大量のシミとシミからイボへと変化してしまう老人性イボもまぶたのあたりに2、3個できていました。

 

焦った私は、とりあえず今できるシミケアと対策から早急に取り組むことにしました。

 

できてしまった老人性イボには市販の薬を寝る前に毎日塗り、出かける前には必ず毎日日焼け止めを塗りできるだけサングラスや帽子をかぶること。

 

今まで使ってきたスキンケアも見直し、ホワイトニングのものに変えました。

 

さらには美白のサプリメントも飲むようにしました。

 

するとどうでしょうか、対策をし始めて3ヶ月目ぶらいには目に見える効果が出てきたように思います。

 

老人性イボは薬を塗り始めて1ヶ月弱で全て除去することができました、シミはしぶとく残っていますが、以前よりは薄くなっていると思います。

 

30代に入ってきちんとUVケアをして対策をとらないといけないなと痛感しています。