疲れを癒しに近場の温泉へ、ゆっくりまったりリラックス

疲れを癒しに近場の温泉へ、ゆっくりまったりリラックス休日の過ごし方・趣味
スポンサーリンク

 

日頃の溜まった疲れやストレスを吐き出しに温泉や銭湯に行ってみましょう。

「温泉」と聞くと観光地をイメージしやすいですが、意外にも近場にあったりします。

へえー、こんなところにあったんだという発見にもなります。
時間帯によっては同じ温泉でも違った雰囲気を味わえます。

開店時間付近に行けば、新鮮なお湯に浸かれます。

朝から温泉なんて、ちょっぴりリッチな気持ちになってしまいます。

食堂付きの温泉ならば、お風呂上がりにランチもいただけます。

生姜焼きやお蕎麦、かつ丼等メニューも豊富ですよ。

午後に温泉に行くと、子連れの親子さんやお年寄りの方々が先に浸かっていたりします。

ちょっぴり勇気が入りますが思い切って話しかけてみると、にこやかにお話してくれます。

こんな人の繋がりもありですね。

身体も心もほっこりできますよ。

夕方になってくると、通常価格から2〜3割値下げされているところがあります。

同じ温泉なのになんだかお得な気分ですね。

夕焼けや夜空を見ながらの露天風呂は格別です。

温泉を上がったら、休憩所で一休みしましょう(ただし休憩所がなかったり別料金のところもあるので注意が必要です)。

牛乳やビールを飲んで、ふぅっと一息すると日頃の疲れが少し安らいだ気持ちになれますよ。

帰り道はついウトウトしてしまいますが、気を付けて下さいね。

必要なものは、温泉代と飲食代です。

さらにハンドタオル、バスタオル、シャンプーセット、使用済入れのビニール袋を持って行けば借りずに済むので安上がりです。

お財布は持って行かずに小さいポーチ等にお金を入れていきましょう。

毎日欠かさずやっている健康的なスキンケア方法
とにかく保湿に気を付けています。 乾燥肌で、肌荒れの一番の原因になってます。 お風呂上りにはまず化粧水に乳液、さらに1週間に1回はパックと徹底的に保湿しています。 油っこいものを厳禁で、大好きですが、泣く泣く控えて...

 

シンプルスキンケアの基本!洗顔方法だけで肌が明るくなる
20代から乾燥肌や敏感肌に悩み初めて気付けば40代に。 年齢とともにスキンケア用品の種類も金額もどんどん増える一方で、気持ち的にもかなりストレスを感じていました。 そんなときにふと「洗顔方法って同じでいいの?」と疑問をも...